出産内祝いの豆知識

出産内祝いは、一般的には出産祝いを頂いた方へのお礼ということで認識されていますが、本来は出産祝いを頂いたかどうかにかかわらず、普段からお世話になっている方へ赤ちゃんが生まれたことを報告するという意味で贈るものです。
いつごろ贈るのがベストかというと、出産してから30日後、お宮参りが終わったタイミングになります。ちなみにお宮参りは、赤ちゃんが氏神の氏子になったことを認めてもらうための儀式で、男の子は生後30日、女の子は生後31日となっています。のしについては、一般的なお祝いごとのマナーで包むことになりますが、包み方は包装紙で包んだあとのし紙を上にかける外のしがよいとされています。
また、名前は子どもの名前にし、子どもの紹介ということで、名前にはふりがなをふっておくとよいでしょう。金額は、頂いたお祝いの半額程度が一般的です。多すぎても少なすぎてもマナー違反と捉えられてしまいますので、金額には十分気をつけてください。
特に、目上の方に対しては、多すぎる金額はマナー違反となるので、覚えておきましょう。品物についてはいろいろ迷ってしまいますが、寝具、タオルなどの日常品や石鹸などの消耗品、おいしいスイーツなどの食料品が定番となっています。逆にタブーであるのは、緑茶、刃物などがありますが、最近ではあまりタブー視しなくなってきているので、それほど気にする必要はないようです。
何より大切なことは、贈り先へこれからもよろしくお願いします、という感謝の気持ちを伝えることです。

Copyright © 2014 出産内祝いの概要 All Rights Reserved.